血管をサラサラにしたら若返る?

若返り健康法

毎日の生活習慣に取り入れるだけで⁻10歳を目指します

1.朝は人参、レモン、リンゴ、亜麻仁油の生ジュースで若返り

※低速ジューサーで野菜、果物の細胞を破壊しない低速のジューサーがおススメ。
低速ならビタミン、ミネラルが豊富の高い栄養価とポリフェノール成分が血管の酸化を防いでくれます。
口当たりも滑らかでとても飲みやすいです。

■野菜ジュースに亜麻仁油を入れると更に血管の若返りに効果的
出来上がった野菜、果物ジュースにほんの少し亜麻仁油を入れて飲みます。
亜麻仁油は亜麻から作ります。
摂取すると青魚に含まれるEPAに変換、血管を柔らかくしてくれます。

おススメ野菜ジュースのレシピ
材料(1人分)
人参1.5本
リンゴ1/2個
レモン1/2個
亜麻仁油小1

オメガ3系油
血管年齢を若くするオメガ3系油
亜麻仁油のほかにもエゴマ油、シソ油があります
熱に弱いのが特徴
サラダの上にかけたりジュースに加えるだけで効果あり
1日の摂取量は小さじ1杯

>>>スロージューサーなら【ピカイチ野菜くん】

>>>スロージューサーの最新モデルはコチラ

2.昼食は午後2時ごろ取る

午後2時頃が一番太りにくい時間帯だから

ビーマル1が働いて太りにくい
ビーマル1は身体に脂肪を貯めやすくする特徴。
ビーマル1は時間帯によって量が変化するんです。
ビーマル1が多いと太りやすく、ビーマル1が少ないと太りにくいんです。
ビーマル1の量が一番少ない時間帯が午後2時

夜中になるとビーマル1が最も多くなります
理想の夕食は6時から9時くらいまでに済ませるのがベスト。

3.夕食(30分後)の軽い運動

テレビを見ながら足首の上下曲げ伸ばし
これだけで身体の血流がポンプの役目をして流れます。

毎日のちょっとしたことで見た目年齢も血管年齢も若くなりますね。